軍師®認定と養成講座

☞軍師®認定と養成講座  | ☞基礎コース開催要領  | ☞鍛錬コースについて

軍師®認定について

一般社団法人軍師アカデミーでは、軍師力の探究・普及による社会への価値提供に向けた具体的活動として、独自に体系化した軍師力を共有する軍師の養成を行っています。その中核となるのが、団体名としても掲げる「軍師アカデミー」の名のもとで開催される軍師養成講座です。

軍師養成講座は、単なるセミナーではなく、軍師としての視点、理念、技術を共有する「軍師仲間」としての入り口にあたります。同講座を卒業し、認定試験に合格された方には、当法人より軍師®認定を発行し、引き続きの学びの場及び軍師の仲間同士の連携の場を提供させていただいています。

なお、軍師®認定には、修了・卒業されて合格した講座の種類及び各種基準により、3級~主席までの段階がございます。

※軍師®認定を受ける際には、一般社団法人軍師アカデミーの会員(A会員)となっていただくことが必要です。
※軍師®認定を受けるための必要条件となる軍師養成講座「軍師アカデミー」の受講に際しては、一般社団法人軍師アカデミーの会員と同等の倫理基準をお守りいただくことに同意をいただくことが必須条件となります。ただし、公式会員ではありませんので、受講料以外に入会金、会費が発生することはございません。公式に入会され、認定を受けられるかどうかは受講終了時に決定していただきます。
※「軍師R」「軍師会R」「軍師アカデミーR」「後継者の軍師R」「社長の軍師R」「経営者の軍師R」は、弊法人が保有する登録商標です。

Go to top ▲

軍師養成講座「軍師アカデミー」

講座の対象者

本来、私たちは軍師力を全ての人に届けたいと思っており、軍師とは人間だれしもが有している「生きる力」「社会に価値を生み出す力」の中核に位置するものだと考えています。実際、これまで軍師アカデミーにはさまざまな方々が参加され、ご自身の人生や生きている世界の中で力を発揮されています。その意味では、どんな方でもウェルカムであり、講座を通じて培っていただく力は、どんな立場でも活かしていただけるものと確信しています。しかし、イメージを持っていただくために、あえて表現させていただくとすれば、以下の形となります。なお、その後ろに続く「こういう人には向きません」という参考情報とともにご確認ください。

こんな人に最適です!

私たちは、全ての方に「軍師」の顔があり、どんな方であっても「軍師力」を高めていただく意味はあると確信しています。その中で、あえて「こんな方に最適!」ということを申し上げるならば、以下のような方々にはドンピシャで当てはまると考えています。

1.「後継者の軍師®」「社長の軍師®」「経営者の軍師®」という役割をご自身のキャリア(人生、仕事)の中に組み込みたい方
外部専門家、もしくは企業内の幹部として、経営の担い手である経営者たちを支え、その成長及び企業経営全般をサポートする方にとっては、軍師力は不可欠なものです。特に、「後継者の軍師®」として後継者・後継経営者を支える場面では、私たちが突き詰めてきたオンリーワンの軍師ノウハウが唯一無二の力を発揮することでしょう。

また、後継者、経営者の心の動きを読みとき、彼ら・彼女らの心のスイッチを入れ、現実的な未来を描き、ともに歩む軍師としての力はビジネスにおける多様な場面で価値を生み出します。彼ら・彼女らとの間に真の信頼関係を構築し、的確にサポートしていく上で、軍師力は大きな武器となるに違いありません。

なお、これまでも多様な方々が軍師アカデミーに参加され、現在も軍師仲間として当法人内の軍師会で切磋琢磨と連携を続けています。税理士、公認会計士、司法書士、弁護士、行政書士、社会保険労務士、中小企業診断士、土地家屋調査士、認定コーチ、ファシリテーター、キャリアカウンセラー、FP、研修講師、フリーアナウンサー、デザイナー、音響デザイナー・・・等々、もちろん企業内幹部の方もいらっしゃり、本当に多種多様な方々が参加され、軍師力が生み出す価値を実証されています。
2.軍師力をご自身の経営力に吸収したい現役経営者・後継者
実際に会社を経営されている経営者の方、これから経営者となる後継者の方が参加され、ご自身の軍師力を獲得されることも少なくありません。なぜならば、経営者とは、時には「社員の軍師」「取引先の軍師」「外部専門家(プロ軍師)の軍師」として、自分以外の人々の力を引出し、周囲の成長を促し、自社の経営における成果を生み出す存在だからです。その力は、実は軍師力そのものなのです。現役経営者、後継者の方が、この軍師アカデミーの中で軍師力を獲得することができれば、そのリーダーシップは格段にレベルアップすることでしょう。

また、バランス感覚を求められる経営者というポジションには、自分自身へのセルフ軍師力を発揮し、自分や自社を客観視する軍師力が大きな意味を持つ場面が必ず訪れます。
さらに、周囲の力を活用するという意味でも、志と技術の両面で高いレベルを有する軍師仲間たちを自分のブレイン(軍師)として獲得できることも見逃せません。

そうした関心から、毎年、社長就任が迫る後継者、社長就任直後の後継社長、経営の転換期で全てを再構築するべき局面にある経営者の方などが参加されています。
3.その他 さまざまな立場で誰かを支える方(軍師)
その他、経営者のご家族(配偶者、親、子ども等)、将来独立を志しているキャリア検討期の方、会社にお勤めされながら社内で上司・部下・同僚の力を引き出す軍師力を求められる方・・・等々、さまざまな方がアカデミーに参加され、ご自身にとっての価値あるものを主体的に掴み取っていかれています。

こういう人には向きません!

軍師アカデミーでの学びは、人の本質、人生の本質、経営の本質と向き合う中で掴み取る汎用性の高いもので構成されています。そのため、多様な方々のキャリアの中で活かしていただける親和性を有しています。一方で、以下のようなニーズで参加されると、その考え方に馴染むことができず、お互いにとって不幸な形となります。参考にしていただければと思います。

1. 深く考えるよりも、手軽ですぐに使えるツール(道具)を仕入れたいという方
軍師アカデミーで共有するツールには、すぐに使いたくなるものも多数含まれます。しかし、所詮ツールはツールに過ぎません。アカデミーでは、深く、本質と向き合い、熟考する時間を重視します。
2. 自らの課題、弱さと向き合い、周囲とシェアすることができない方
アカデミーのカリキュラムの中では、自分自身と向き合い、自己の客観視、自己概念の成長を意識する時間があります。もちろん、ご自身のプライベート情報を全てオープンにする必要はなく、ご自身でコントロールしていただければよいのですが、自分自身の弱さと向き合い、時にはそれを(コントロールしながら)開示するというのも、軍師に求められる力の1つだと私たちは考えています。例えば、ごく稀に、ご自身及びご自身の立場・職業へのプライドが周囲や講義の内容との間に壁をつくってしまい、せっかくの学びのチャンスを喪失されるという方がいらっしゃいます。そうした方の場合には、もしかすると、オープン形式での講座とは違った形での学びが有効かもしれません。
3. 拙速に結果を求める方
こうした講座に参加されると、少しでも早く、そこに投下した費用や時間のもとをとらなければと、過度に焦り、頑張りすぎる方がいらっしゃいます。しかし、過去の事例からは、そうした思考・行動の多くは空回りし、逆効果を生み出すことが多いようです。学びとは、強い自分づくりでもあります。強い自分とは、ある程度時間をかけなければつくることができず、長持ちさせることもできません。しかし、焦ると人はそのプロセスをおろそかにし、手にしたツールを消化不足のままで振り回そうとし、消化不足の必然として力を発揮できず、本当は価値があった学びまで信じられなくなるという回路に入ります。結果的に、焦って動いた方には何も残らず、じっくりと時間をかけて自分を強くした方は、特別なことをしなくとも、日常の全てに軍師力が馴染み、レベルアップして果実を手にします。

もちろん、このような考え方は講座内でも強調してお伝えしていくことなのですが、とりあえず目の前の結果が欲しい状況にあり、じっくりと自分を強くする余裕はないという方の場合、本質を深めるアカデミーのような場ではなく、もっと手軽で便利なものを買う(まさにノウハウを仕入れて、売るという感覚)形のほうが向いているかもしれません。

講座の種類

軍師アカデミーでは、軍師力を有する人材を輩出することを目指し、大きく分けて2種類のコースを設けています。

軍師アカデミー 基礎コース (軍師®認定2級相当)
軍師としての土台を固め、どのような領域で軍師力を発揮する場合にも活用できる基本を獲得するコースです。最も一般的な「軍師への入り口」であり、「人間力」「経営力」の本質を貫く軍師流の知恵を凝縮させた構成となっています。
【認定試験含めて10日間 約70時間 *認定審査のためのレポート提出あり】
軍師アカデミー 鍛錬コース(軍師®認定1級もしくはS級認定の際の必須単位。基礎コースに先行して受講した場合には3級認定を得られる場合もある)
テーマ別、スキル別に学びを深め、実践力を高めるためのコース。コースの特性に応じて日数・時間数・参加資格(いきなりの参加ができるものもあれば、一定レベル以上の認定保有者のみが受講可能なものもあり)を設定している。最もオーソドックスな流れとしては、基幹力習得コースを終えたうえで鍛錬コースに進み、2級、1級、S級とレベルアップしていただく形を想定した講座構成となっています。
【日数、時間数、認定審査方法は講座ごとに異なります】

*開催回数は基礎コースよりも少なくなります。
*一部のコースにつきましては、基礎コースよりも先に受講することが可能となります。その場合、審査合格後は3級(分野別)の軍師®認定が発行され、後日、基礎コース及びその他必要とされる鍛錬コースを修了・試験合格されることで2級、1級認定へと進んでいただきます。

Go to top ▲

☞軍師®認定と養成講座 | ☞基礎コース開催要領  | ☞鍛錬コースについて